サインウェーブは東京外国語大学の投野教授と
CEFER-J公開シンポジウムにて共同研究発表しました

株式会社サインウェーブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:赤池雅光)は、東京外国語大学の 投野由紀夫 教授とCEFR-Jに対応したシステム・アプリを共同開発し、2018年3月18日(日)に成城大学にて「東京外国語大学 CEFR-J準拠の27言語e-learning システムの構築」で共同研究発表をしました。


※アプリは開発中の画面です。

■共同開発内容:アプリ

<フラッシュカード>
単語学習アプリ(27言語対応)単語学習をしながら、苦手な単語が集約されるので繰り返し単語学習をして、苦手を克服する事ができます。


<フレーズ学習システム(ライティング)>

日本語の文章を見て、英語のテキストを入力すると、間違った箇所をAIが指摘してくれます。

※アプリは開発中の画面です。