エンジニア職を選んだワケ/きっかけ@松本マネジャー

こんにちは、研究開発チームの松本です。
エンジニア職を選んだ理由をお話しします。

 

私はもともと、環境・エコ関係で世の中の役に立ちたいと思い、
物流・エコ系企業の社内システム担当として仕事をしていました。
パソコンを直したり、社内ネットワークを調整したりetc…
それはそれで楽しかったのですが、次第に、

 

「自分の手で、新しい価値を創りたい」
という気持ちが大きくなりました。
折しも世の中では、ちょうどモバイルアプリの熱狂が冷め、
システムで世の中をよくしていくにはどうすればいいんだろう、
と人々が考え始めた時期でした。

「いま。いま、世界に影響を与える業界に飛び込まなきゃ!!」

そんな心の叫びに背中を押された私は、
27歳にして、システムエンジニア業界の門を叩いたのです。

 

システムエンジニアといっても、仕事内容や働き方は様々です。
SI(システムインテグレータ)による大規模開発をする人もいれば、
自社サービスを作って運営する仕事もあります。
私も最初は大規模案件での開発の仕事をしていました。
スキルもなく、お給料も低く、と大変でした…

 

でも、エンジニアの良いところは、勉強し、能力を上げれば
「どこでも働けるスキルを身につけることができる」
ということです。

みなさんはこれの意味が分かりますか?

 

「どこでも働ける」ということは「仕事を選べる」ということです。
あなたが力を発揮する場所を、あなたが選ぶんです。

つまり、あなたは、
「こういう形で社会に貢献したい!
と思っている仕事を、あなたの手で作ることができる」んです。

あなたが、未来が生まれる場所を目撃するんです。

私は、それがエンジニアとしてのキャリアの面白さだと思います。
私たちの未来を変える、新しい技術が次々に生まれてくる
最高に楽しい業界です。

 

エンジニアになってほんとうによかった。

私はそう思っています。
ぜひ一緒に働きましょう!

電話番号でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ